いろいろな分析指標

■分野別分析指標

●在庫関連
 在庫回転率:在庫回転率(回)= 売上金額/在庫金額[(期首在庫+期末在庫)÷2] 
 →仕入れから売上までのサイクルを何回転させているか。
  回転率を上げることで在庫圧縮、キャッシュフロー改善。

 発注点の計算:発注点 =(販売予測数 × 商品リードタイム)+安全在庫量
 →在庫が上記の数より下回ったときに発注する。在庫を圧縮してコスト削減する。

●売上関連
 ABC分析
 →売上構成をABCに分類し優先度をつけて管理し選択と集中を行う。
  売上構成比を累積していき、70-80%までの商品がA区分(主力商品)、
  80-90%までがB区分(準主力商品)、90-100%までがC区分(主力外商品)

●顧客関連
 RFM分析
 →客の購買行動を「最終購買日(Recency)」「購買頻度(Frequency)」
 「累計購買金額(Monetary)」の3つの指標から分類し顧客の選別と格付けを行う。

 LTV(顧客生涯価値):LTV  = 年間取引額 × 収益率 × 継続年数(滞在期間)
 →長期的視点を加味した分析。今後の売上予測にも役立つ。

 

■ボンクレの見解

ボンクレで実際に分析を行った事例

●在庫関連
 ・商品別、カテゴリー別の在庫回転率算出
 ・発注点計算、適正在庫数計算、見切り商品判定
●売上関連
 ・季節指数を求めより正確な販売計画の算出
●顧客分析
 ・リピーター分析 → 顧客別に購入回数を集計
 ・顧客属性分析  → 顧客の属性別での売上を集計
●Webマーケティング
 ・コンバージョン率(CVR)
 →ウェブサイトの歩留まり率。どれくらい資料請求などに結びついているか。
 ・訪問者動線
 →動線を改善して成果につなげる。(CVRをあげる)
 ・販売チャネル分析
 →ネット上のどの店舗からどれだけ売上が上がっているか。

 

 

 

“BIツール”で何ができる?!

■動向

●BI(Buisiness Intelligence)とは
データベースに蓄積されているデータを分析・加工し企業の意思決定に役立てよう(迅速にしよう)というもの。
こういった考えは20年前から存在していたが、昨今のビッグデータの流れからまた注目されている。

■市場

●代表的なBIツールと価格
 Tableau Desktop(タブローデスクトップ)
 QlikView(クリックビュー)
 Pentaho(ペンタホ)
 Dr.Sum EA(ドクターサム イーエー)
 [価格帯]
 パッケージソフト 100-200万円
 ASPサービス  6-8万円/月

●BIツールを導入すると、業務データをさまざまな切り口で分析できる。
(例)営業社員…日々の業務報告
   営業部長…売上の傾向分析し戦略立案
   経営層 …達成度をチェック、監視

bi1 bi2

■ボンクレの見解

●情報が財産となるマーケティング企業
マーケティングを行ったデータは社内に蓄積されていくため、後からそのデータを違う角度で切り出し違う視点で商品になるケースがあります。たとえばマンションの新築情報を蓄積してあれば、10年前のデータはリフォームターゲットになるなど。
●販売情報を分析
過去の販売データを分析してどういった属性の購買が多いかを分析し、広告の費用対効果を高める。都内全域の広告から地域に絞った広告に変えてコストを削減するなど。

■関連情報

●BIツール導入状況
全体で24.6%が導入済み。100名以下の企業は7.8%が導入済み。(2011年キーマンズネット調べ)
bi3

●導入時の課題は、「分析を行うノウハウ・能力を持った人材がいない」が1位
次に、BIツールを「導入済み」「導入予定」と回答した人に、『導入時の課題』を尋ねたところ、下記のような結果となった。

  1位「分析を行うノウハウ・能力を持った人材がいない」 59.7%、
  2位「分析結果や指標をどう経営や事業に活用すればいいか分からない」 35.3%
  3位「分析対象となるデータソースの整備が追いつかない」 28.1%
  4位「導入価格が高すぎて試してみることが難しい」 25.9%
  5位「機能が豊富すぎて取っかかりづらい」 22.3%

年に一度は『契約の棚卸し』を!

■はじめに

コスト削減のために契約の棚卸しをおすすめします。

IT関連分野は日々進化しています。同等サービスでより低価格のものがあったり、同価格でよりサービスが充実しているものがあります。
 contract

【ムーアの法則(参考)】
パソコンのCPUやメモリの性能が18ヶ月で2倍になるという法則。1年半で2倍、3年で4倍・・・というように増えていく。IT業界のサービスはそれくらいの速度で進化しているものが多い。

■棚卸し例

●ホスティングサービスの見直し
 技術の進歩と、企業の競争によって、大容量・低価格が進んでいる。
 同じ会社でも大容量・低価格の新プランをスタートさせていることがある。
 安価なホスティングサービスの場合月額1500円程度で提供している。 
●2重契約しているプロバイダやホスティングを統合
 事務所移転や統合のとき、プロバイダ契約の終了を忘れ、契約したままになっている。
●パソコンの保守など用途不明の契約を解除
 パソコンのリースをしている場合、保守料金として毎月お金が掛かっている。
●パソコンの台数をしっかり把握する
 例えば1年前にウィルス対策ソフトの年間保守をパソコン20台分で契約。
 現在は、パソコンは15台しかないのに20台分の更新料金を払っている。
●サポート終了を機にライセンスを見直す
 例えばwindows server 2003がサポート終了に伴い、バージョンアップを考えたとき。
  ・windows server 2012にバージョンアップする →ライセンス費用:約15万円
  ・windows7などで代用できる →ライセンス費用:約3万円
  ・Linuxなどで代用できる →ライセンス費用:0円

■ボンクレの見解

●必要な契約でもよりよいサービスがないか検討することで、年間10~30万円程度のコスト削減が見込めると思います。
●あるお得意様ではファイアウォールの見直し、ウィルス対策ソフトの見直し、ホスティング契約の見直しを行い、年間30万円のコスト削減を実現されました。