IT投資によって従業員数は増加するのか・減少するのか

Pocket

昨今働きかた革命によって業務効率化や時間短縮におけるIT導入の話が多いと思いますが、今回はIT投資によって従業員数は増加するのか、減少するのか、中小企業白書に記載されている統計データを見ながら考察を深めたいと思います。
弊社お得意様の実態としてはIT投資によって業務効率化や付加価値向上を推進されて、結果従業員数が増加されているケースが多い現状がございます。感覚値的にはスポーツに例えると売上拡大・販路拡大などの「攻めの投資」と、業務効率化や自動化などの「守りの投資」と大別できます。

 

 

 

 

 

 

 

 
上記の図はIT投資を行ったことによる従業者数の変化をIT投資の内容別に見たものです。

減少したと回答した企業の割合

  • 「業務効率化のための基幹系システム」13.3%
  • 「作業の自動化やアシストをするハード・ソフト」10.1%
  • 「付加価値向上のための業務支援系システム」8.0%

まず上記の項目を目的としたIT投資の場合、従業者数が減少したと回答しているケースが多いと言えます。これは、これらの投資が主に合理化・省力化を目的としたIT投資であるため、IT投資により業務フローを見直すことができ、 結果的にこれらのIT投資を行うことで従業者数が減少した企業がいるものと考えられます。しかしながら約8~9割の企業が従業者数に変化はないと回答しています。

増加したと回答した企業の割合

  • 「電子商取引(BtoC 向け)の利用」14.8%
  • 「自社ホームページの開発・活用」13.4%
  • 「作業の自動化やアシストをするハード・ソフト」10.7%
  • 「付加価値向上のための業務支援系システム」9.9%

ほとんどの項目で従業員数が増加したと回答する企業が従業員数が減少したという企業数より多いが、上記の項目はほかのIT投資に比べてより顕著になっています。

 

一般的に中小企業様の業務フローは複雑で細かいものが多いと言われているため、パッケージシステムや既存ソフトだとミスマッチが発生するケースが多いです。予算の制約条件も多いなか、パッケージや既存システムで網羅できる部分は任せつつ、繰り返し業務の多い業務や事業成績に直結するKPI把握や業務管理などの要素にはIT投資が効果的です。

中小企業白書のなかでは以下の考察が述べられていますが、「攻め」と「守り」のIT投資を効果的に組み合わせて実践されていくことが、中小企業様の競争力を高める要因につながるのではないかと考えます。

 IT で従業者数が減 少したことについて見てきたが、付加価値向上のための IT と業務効率化のための IT の両方を導入 している企業は、バックオフィス業務での IT 導 入により省力化を行い、そこで余剰となった人材 を、今度は付加価値向上のための IT を導入した 販売・営業といった業務分野に配置換えをするこ とで、社内全体としては従業者数を変化させるこ となく、業績を向上させていることも推察される。

Pocket