いろいろな分析指標

Pocket

■分野別分析指標

●在庫関連
 在庫回転率:在庫回転率(回)= 売上金額/在庫金額[(期首在庫+期末在庫)÷2] 
 →仕入れから売上までのサイクルを何回転させているか。
  回転率を上げることで在庫圧縮、キャッシュフロー改善。

 発注点の計算:発注点 =(販売予測数 × 商品リードタイム)+安全在庫量
 →在庫が上記の数より下回ったときに発注する。在庫を圧縮してコスト削減する。

●売上関連
 ABC分析
 →売上構成をABCに分類し優先度をつけて管理し選択と集中を行う。
  売上構成比を累積していき、70-80%までの商品がA区分(主力商品)、
  80-90%までがB区分(準主力商品)、90-100%までがC区分(主力外商品)

●顧客関連
 RFM分析
 →客の購買行動を「最終購買日(Recency)」「購買頻度(Frequency)」
 「累計購買金額(Monetary)」の3つの指標から分類し顧客の選別と格付けを行う。

 LTV(顧客生涯価値):LTV  = 年間取引額 × 収益率 × 継続年数(滞在期間)
 →長期的視点を加味した分析。今後の売上予測にも役立つ。

 

■ボンクレの見解

ボンクレで実際に分析を行った事例

●在庫関連
 ・商品別、カテゴリー別の在庫回転率算出
 ・発注点計算、適正在庫数計算、見切り商品判定
●売上関連
 ・季節指数を求めより正確な販売計画の算出
●顧客分析
 ・リピーター分析 → 顧客別に購入回数を集計
 ・顧客属性分析  → 顧客の属性別での売上を集計
●Webマーケティング
 ・コンバージョン率(CVR)
 →ウェブサイトの歩留まり率。どれくらい資料請求などに結びついているか。
 ・訪問者動線
 →動線を改善して成果につなげる。(CVRをあげる)
 ・販売チャネル分析
 →ネット上のどの店舗からどれだけ売上が上がっているか。

 

 

 

Pocket