インターネットブラウザ、どれがいい?

Pocket

■動向

<特徴>
●InternetExplorer(IE)
 シェアが高い。表示速度も一般的。シェアが高いためウィルスの対象になりやすい。
●Chrome
 シンプルで動作が軽快。複数のPCを使っていてもブックマークが同期できる。
 利用傾向が広告に利用される可能性がある。
●Firefox
 動作が軽快。拡張機能が豊富。上級者向け。
●Safari
 レイアウト、フォントが美しい。機能的には一般的。
 iPad、iphoneとブックマークを同期できる。(icloud)

■市場

<企業でのブラウザ利用状況>

第5回企業内Web閲覧環境調査(2013年9月)
公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会 Web広告研究会調べ165社(うち官公庁13団体)の調査結果

browser

 

 

 

<その他企業動向 例>
●東急ハンズ
 2013年度中に企業標準をChromeに
 →社内システムをipad・android端末で閲覧することを見越して
●IBM
 2010年に従業員40万人の標準ブラウザをFirefoxに
 →商業団体が運営していない独立性に魅力を感じて

■ボンクレの見解

●InternetExplorer(IE)は無難な選択
Chromeはシンプルさ、動作の軽快さからシェア拡大しているが、インターネットバンキングで対応しているのはInternetExplorer、Firefox、Safariが多い。

Firefoxで作業効率化が見込める
アドオンといわれる拡張機能が豊富。たとえばマウスの動きに処理動作を割り当てることができる機能、ウェブページにリンクされている画像やファイルを一括で高速ダウンロードできる機能などがあり、業務によっては大幅な作業効率化が見込める。

Pocket