Facebookで売上は上がるのか

 ■動向
●大企業の例・・・BtoCビジネスの例が多い(無印良品・ユニクロ・ローソンetc)

sns1

●中小企業の例・・・企業名でなく「コンセプト」をページ名にする

 ex)「中小企業活性化プロジェクト」というページ
   広島で4人の別分野のコンサルタントが情報発信

■市場
●Facebook活用率(企業規模別)
 10人未満/78%  10人~100人/70% 100人~1000人/77% 1000人以上/88%              (※2013年7月 NTTコムオンライン・マーケティングソリューション調べ 356社の回答結果)

●Facebook運用代行サービス
 120万円/年~

■ボンクレの見解

●コンテンツに一定額投資しないとリターンが出ない。
●売上が多ければ費用対効果が高くなってゆく。

sns

■関連情報

その他のSNSサービスの特徴

●Google+
 Facebookと似ている。会員数は少ないがSEO対策に有効。

●Twitter
 お客様との対話、クーポン情報など。
 ⇒ softbankの孫社長の「やりましょう!」

●LINE
 有料サービス。
 ・公式アカウント      初期費用800万円 月額250万円
 ・Line@(友人1万人まで) 初期費用5,250円 月額5,250円

 

sns

 

”SEO”は効果があるのか!?

■ 動向

 seo

GoogleもSEO業者もコンテンツの質を追及

■ 市場

2013年 327億円  → 2015年 432億円(※ただし、SEO業者の試算なので希望的観測と思われる)

●1キーワード 数万~数十万円
●価格相場 例
 「渋谷 賃貸」「銀座 エステ」 5万円/月(「賃貸」のみで上位表示させるのなら 136万円/月)
 「生命保険」  15万円/月

■ ボンクレの見解

●SEOを実施したい企業はそんなに増えない。市場拡大はあまりしない見通し。
●2ページ内表示には、コンテンツの質向上や上位表示テクニックなど
●多角的に対策する必要あり。
●中途半端な投資では効果が出ない。100~300万円/年

■関連情報

■リスティング広告とSEO

  SEO  リスティング広告
費用の有無  自分で対策する場合は不要  クリック単位で必ず発生
 効果が発生する時期  早くて2~3週間程度  審査が通れば即時
 効果が有効である期間  キーワード需要がある限り無期限  入札終了に伴い広告表示も終了
 検索上位表示の難易度  上位表示の保障はなし  最高額で入札すれば1位表示も可能
 キーワード修正の難易度  すぐには対応が難しい  簡単に対応可能

 (参考:http://webmastersplaza.net/column_seotaisaku2.html)

■SEO業界の流れイメージ図

seo

外注に頼むと失敗する&修正するたびお金が掛かる(費用対効果低)ので、内製化する「インハウスSEO」という流れもある。