IT投資によって効果を得られている企業と得られていない企業の取り組みの違い

 

 

 

 

 

 

 

上記は中小企業庁のサーベイからの引用になります。

今回は上記サーベイをとしてIT導入効果に大きな影響を与える具体的な取り組みについてご紹介します。

第2-2-13図では高収益企業と低収益企業で、以下の2つのIT 投資を行ったことにより得られる効果の違いについて記述されています。

  • 業務効率化のための基幹系システム
  • 付加価値向上のための業務支援系システム

ここでは高収益企業では「業務プロセスの合理化・意思決定の迅速化」の割合が最も高く、「売上の拡大」、「利益率・生産性の向上」、「営業力・販売力の強化」の効果が高いとされています。

弊社のお得意様も基幹系システムや業務支援系システムの導入の際には前述の導入目的を示される会社様が多いため、感覚値と類似しています。
続いて下の第2-2-14図で興味深いのはIT投資によって効果を得られている企業と得られていない企業では取り組みに大きな違いがあることが記述されています。なかでも大きなギャップがあるのは以下のとおりです。

  • 「IT導入に併せた 業務プロセス・社内ルールの見直し」
  • 「IT導入に対しての各事業部門、従業員からの声の収集」
  • 「IT導入に向けての計画策定」
  • 「IT・業務改善等についての社員教育・研修の実施」
  • 「ITの段階的な導入・導入後のモニタリング」

IT導入を進める過程で大切なポイントはシステムでカバーすべき点と運用や業務プロセスでカバーする点を明確にする点です。明確にするためには利用頻度や重要度など様々な指標をもとに判断することになりますがこの観点が非常に大切です。イレギュレラー対応や発生頻度の低い部分を高度で複雑なシステム化を進めるよりも、運用でカバーした方が早いケースも多くあります。

全てをシステムに任せるのではなく、IT導入をする際に業務プロセスや社内ルールの見直しをかけながら、段階的・計画的に進めていくことが重要です。

「業務プロセス合理化・意思決定の迅速化」と「IT導入に併せた業務プロセス・社内ルールの見直し」はセットで進めていくことでIT投資の効果が高くなります。このロジックは弊社のプランニング時の思想にも通じるところがありましたのでご紹介させていただきました。

「ECRS」で仕事効率化

■ECRSとは

ECRSとは業務改善のためのフレームワークの一つで、それぞれの頭文字をとったものです。「E」>「C」>「R」>「S」は考える順序 である。

  1. Eliminate(なくせないか?)
  2. Combine(結合できないか?)
  3. Rearrange(順序を変更できないか?)
  4. Simplify(単純化できないか?)

ecrs

■改善例

 一般的な改善例 IT分野の改善例 
E  ●FAXを紙で出さずに直接データ化する。  ●作業解析ソフトの利用。作業をビデオ撮影して分析しソフトで集計する。作業の平準化や技能継承に役立つ。
●TCO(Total Cost of Ownership)の概念を重要視する。初期コストだけでなく、IT導入後のランニングコストや人件費、将来発生する無駄など盛り込んで効果を判断する。
C  ●2つの会議をひとつにする。
●「納品書兼請求書」など書類をひとつにする。
●事務用品を共有する。
 ●メールをCCにして一斉送信する。
●パッケージソフトとデータ連携して2重入力の手間をなくす。
●トータルピッキング方式を採用する。
R  ●営業訪問順序を変更し移動時間を減らす。
●購入しているものをレンタルに変える。(交換)
●内製しているものをアウトソーシングに変える。(交換)
 ●銀行の残高照会・振込処理をATMでなくネットバンキングで行う。
●FAXで行っている受発注業務をウェブシステムで行う。
S  ●会議の日程調整の手間を省くため定例会にする。  ●数字を入れるだけで完成するエクセルシートを用意する。
●Ctrl+Cなどのショートカットキーを活用する。
●無線LANにする。