年に一度は『契約の棚卸し』を!

■はじめに

コスト削減のために契約の棚卸しをおすすめします。

IT関連分野は日々進化しています。同等サービスでより低価格のものがあったり、同価格でよりサービスが充実しているものがあります。
 contract

【ムーアの法則(参考)】
パソコンのCPUやメモリの性能が18ヶ月で2倍になるという法則。1年半で2倍、3年で4倍・・・というように増えていく。IT業界のサービスはそれくらいの速度で進化しているものが多い。

■棚卸し例

●ホスティングサービスの見直し
 技術の進歩と、企業の競争によって、大容量・低価格が進んでいる。
 同じ会社でも大容量・低価格の新プランをスタートさせていることがある。
 安価なホスティングサービスの場合月額1500円程度で提供している。 
●2重契約しているプロバイダやホスティングを統合
 事務所移転や統合のとき、プロバイダ契約の終了を忘れ、契約したままになっている。
●パソコンの保守など用途不明の契約を解除
 パソコンのリースをしている場合、保守料金として毎月お金が掛かっている。
●パソコンの台数をしっかり把握する
 例えば1年前にウィルス対策ソフトの年間保守をパソコン20台分で契約。
 現在は、パソコンは15台しかないのに20台分の更新料金を払っている。
●サポート終了を機にライセンスを見直す
 例えばwindows server 2003がサポート終了に伴い、バージョンアップを考えたとき。
  ・windows server 2012にバージョンアップする →ライセンス費用:約15万円
  ・windows7などで代用できる →ライセンス費用:約3万円
  ・Linuxなどで代用できる →ライセンス費用:0円

■ボンクレの見解

●必要な契約でもよりよいサービスがないか検討することで、年間10~30万円程度のコスト削減が見込めると思います。
●あるお得意様ではファイアウォールの見直し、ウィルス対策ソフトの見直し、ホスティング契約の見直しを行い、年間30万円のコスト削減を実現されました。