緊急事態の回避法、対処法

Pocket

■動向

●BCP(Business Continuity Plan、事業継続計画)
災害などのリスク発生時に自社の事業を継続するため、復旧の目標時間や順序、手順などを組織的に計画・策定すること。

●認知度 61.2%、策定している企業は 10.4%、中小企業の策定率は 8.6%(2012年帝国データバンク調べ)

■市場

●よくあるトラブルと回避方法

機器が故障して業務ができない
・サーバ、PCの故障 → バックアップ(3万円)、2重化(50-10万円)
・ネットワーク、インターネット → ポケットwifi (4000円/月)

落雷による停電
・UPS(無停電電源装置)を設置して一時的に対応(安全シャットダウンまで)(3万円)

■ボンクレの見解

以下は弊社で策定した復旧にかかる時間と回避コストの目安です。
2つのバランスで最適な案を考えます。

復旧までの時間  回避コスト   回避内容
 2-3日  0~10万円/年  機器が壊れる前に買っておく、などほぼ対策なし。
 5時間  20~40万円/年  代替機を準備し取り替え訓練を定期的に行う。
 0分  50~100万円/年  障害が起きたら自動で切り替える仕組みを作っておく。

 

bcp

 

Pocket